Title: Board Game Readers

ボードゲーム・カードゲームに関係しそうな本を読む読書会です。

英語の本や論文と日本語の本が半々くらいの割合です。歴史か構造に関する本が選ばれることが多いです。

現在は、月1回くらいのペースで、概ね第四金曜日の20:00くらいから、通常は高田馬場ブリッジセンターで慎ましやかに開催されています。

読書会の様子はYouTube等なんらかの手段で公開されたりされなかったりします。

参加をご希望の方は、可能であれば主催者のいずれか(@komi_komi / @PseudoMatagi / @kusabazyun )までtwitterまたはその他の手段にてご連絡ください(事前連絡が難しいようでしたら、会場に直接お越しいただいても問題ありません)。


■開催場所「高田馬場ブリッジセンター」

東京都新宿区高田馬場2-16-11 高田馬場216ビル 3階

建物外観(Googleストリートビュー)



読んでいる本など

書名読書中?Link
ミルグロム『オークション 理論とデザイン』 1.読書中 ポール・ミルグロム『オークション 理論とデザイン』 
Sutton-Smith "Play Theory" 3.読了 Sutton-Smith "Play Theory" 
瀬戸「太平洋島嶼戦」 3.読了 瀬戸利春『太平洋島嶼戦』 
Liberman "The Reflexivity of Rules in Games" (More Studies in Ethnomethodology) 3.読了 Liberman「The Reflexivity of Rules in Games」 
読んでる本と読んだ本」ページから 4 件のアイテムを読書中?, 読了日, 書名順に表示しています。 もっと見る »

Messages

  • [#80]20210122金曜2000:ミルグロム#3、MtG#2 第四金曜日、さわださんのオークション理論の三回目とよこやまさんのGeneration Decksの二回目です。
    投稿: 2021/01/16 0:01、tsw@yahoo.co.jp
  • [#79]20201225高田馬場2000:オークション#2, GenerationDecks#1 Titus Chalk「Generation Decks: The Unofficial HIstory of Gaming Phenomenon Magic: The Gathering」の初回をよこやまさん(Skype経由)、それからミルグロム『オークション 理論とデザイン』の続きをさわださんがやります。
    投稿: 2020/11/27 22:01、tsw@yahoo.co.jp
  • [#78]20201127金曜2000高田馬場:PlayTheory#2, オークション理論#1 もしかすると通常開催の前に11月13日あたりで何か特別会をやるかもしれません。それはそれとして次回の通常開催は11月27日、前回やれなかった「Play Theory」の後半をいたるさん、ノーベル記念経済学賞記念(記念がだぶった)ということでミルグロム『オークション 理論とデザイン』から適当にかいつまんでさわださんがやります。
    投稿: 2020/10/23 17:53、tsw@yahoo.co.jp
  • [#77]20201023金曜2000: PlayTheory#2, RerollingBoardgames#1, 太平洋島嶼戦 Sutton-Smith「Play Theory」の後半をいたるさん、Brown&MacCallum-Stewart(ed.)『Relloing Boardgames』から適当になにか一本さわださんがやります。加えて瀬戸利春『太平洋島嶼戦』を草場さんがやります。
    投稿: 2020/09/25 17:57、tsw@yahoo.co.jp
  • [#76]20200925高田馬場2000: 寒川#4、Sutton-Smith "Play Theory" Brian Sutton-Smith "Play Theory: A Personal Journey and New Thoughts" (https://www.journalofplay.org/sites/www.journalofplay.org/files/pdf-articles/1-1-article-sutton-smith-play-theory.pdf ...
    投稿: 2020/09/09 20:08、tsw@yahoo.co.jp
1 - 5 / 85 件の投稿を表示中 もっと見る »