Lost Battles

Philip Sabin, Lost Battles: Reconstructing the Great Clashes of the Ancient World (Hambledon Continuum, 2007)

古代戦の実体について、文献史学とモデリング&シミュレーション技法との組み合わせを通じて、より現実的かつ数理的解釈(=Conflict Simulation: 紛争シミュレーション)を導き出す解説書。
著者セイビンはKing's College Londonの教授(戦略研究、西洋古代史)であり、The Cambridge History of Greek and Roman Warfare (2007)の編者の一人。〔レジュメより抜粋〕


■レジュメ

このページの添付ファイル参照(全6回中、第1回~第3回分のみ存在)


■採録(全6回中、第5回~第6回のみ存在)

第5回採録

第6回(終)採録
Ċ
tsw@yahoo.co.jp,
2020/03/11 6:10
Ċ
tsw@yahoo.co.jp,
2020/03/11 6:11
Ċ
tsw@yahoo.co.jp,
2020/03/11 6:11
Comments